« 西田さんを悼む | トップページ | 2017年5月 リトアニアトレキャン バルティックカップ3日間に参加 2日目ロング »

2017年5月22日 (月)

2017年5月 リトアニアトレキャン バルティックカップ3日間に参加

2017年5月3日~9日まで、8月のWMTBOCのため、現地トレキャンに行ってきました。

以下は夏のためのメモ。

1日目スプリント

会場の脇の森の中からスタート。しかし回し的にはすぐ住宅街にはいる様子。

前走者の動きを見て予測する。

地図表記がとても見にくかった。

フットの地図のままのため、無駄にラインが多く、色も混ざってしまって読みにくい。

1までは良かったが、2でオーバーラン、3はプランを考える暇もなく、見えたルートの方向へ走ってそのあいだに読むことに。後手にまわってしまい危険だった。

中盤はやや落ち着いてきたが、スペクテーターのコントロール96番で、siが反応しなかったらしく、最終的にぺナ。

どんなに確実と思っても、バックアップのないSIは音と光を確認する。

その時間はケチらない。確認してから次へ!

レース後半はいきなり山エリアへ突入。地図読みが全く変わり、対応できない。

今回の大会はすべて道以外もショートカット可能だったので、他の選手が山の中へ突っ込んでいくのを見かけるが、それをしたら現在地がまったくわからなくなる危険が高い。

ミドルやロングならまだ余裕もあり、プランによっては有効かもしれないが、スプリントで現在地ロストの危険は避けるべき。もったいなさすぎる。

しかし3日目のマススタートなどでも、ショートカットがベストルートだったりした。

この数年とはかなり勝手が違う。頭の切り替えが必要。

Img_0152

|

« 西田さんを悼む | トップページ | 2017年5月 リトアニアトレキャン バルティックカップ3日間に参加 2日目ロング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/70641046

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年5月 リトアニアトレキャン バルティックカップ3日間に参加:

« 西田さんを悼む | トップページ | 2017年5月 リトアニアトレキャン バルティックカップ3日間に参加 2日目ロング »