« 2016.9 MTBOリトアニア W-cup最終戦 | トップページ | MTBOに向いてるひと? »

2016年10月18日 (火)

2016MTBシーズン 反省とかまとめとか

2016秋シーズンのMTBレースは富士見で一区切りです。

で、今シーズンで実感したこと。

まず登り。

3年前に初めて走った時は壁のように見えた傾斜が、訪れるたびにゆるやかに見えてくる現象がおきている。一里野も富士見も、あれこんなゆるかったっけ?という感触。(さすがに朽木はまだきっつい)まるで平坦に思える箇所も出てきた。というわけで登りはまあ上達したようだ。

とはいえ階段みたいな急な短い段差はまだうまく登れないけど。

 平坦はナゾ、というか、どう走らせたら速くなるかが、いまいちまだわからない。アドバイスによると、平地もスタンディングの方が進む、らしい。確かに。

(スタンディングと立ちこぎが違うってことに、つい最近気が付いたばかりだしな・・・)

そして下りはまだまだ、無事に降りれたらラッキー!の域で、ここからどうやって速く降りるとかのレベルにいけるんだよ・・・という状態。

幸い?MTBレースは衆人環視の元に行われるので、撮っていただいたレースの写真とかを見ながら、どこが他のうまい人とちがうんか、眉間にしわよせながらガン見しております・・・。

いちおう秋冬はMTBオフシーズンになるので、時間を取って、きっちり地味な基礎練習をしないといけないと考えている。

誰かに教えてもらわないと、バイクってのは勝手にはうまくならんものだ。

次シーズンも、BIBナンバーより上の順位を目指そう。

あーしかし、もういいかげんフットオリエンテーリングがしたい!

14449782_1179995905398313_778034876

|

« 2016.9 MTBOリトアニア W-cup最終戦 | トップページ | MTBOに向いてるひと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/68012183

この記事へのトラックバック一覧です: 2016MTBシーズン 反省とかまとめとか:

« 2016.9 MTBOリトアニア W-cup最終戦 | トップページ | MTBOに向いてるひと? »