« 2016MTBO世界選手権 競技結果 個々のレースについて | トップページ | 2016 MTBO W-cup リトアニアへ »

2016年9月20日 (火)

2016MTBO世界選手権 来年にむけて

 オリエンテーリングは基本的に個人レースなので、周囲の様子や他の選手のパフォーマンスを常にみて走ることはできない。

一人でどれだけ追い込んで走りきれるか、が巡行スピード、タイムに大きくかかわってくる。

なので、今までの練習よりペースを上げて、その状態を維持する事と、

スタートダッシュやラスポーゴールなどの場面での瞬発力と維持力を高めること、

この2つが特に重要なフィジカルの課題だと思いました。

 幸運な点は、フィジカル、テクニックにおいては、国内のMTBレースやイベントでも実践できて、トップとの差などが実感できる場所があるということ。

アジア地域という、若干アウェーな場所であっても、差をうめることはできる。そう思えること。

 来年の世界選手権の開催地はリトアニアで、今年の9月にはワールドカップ最終戦(兼マスターズ大会)が開催されます。もちろん来年のために出場予定です。

|

« 2016MTBO世界選手権 競技結果 個々のレースについて | トップページ | 2016 MTBO W-cup リトアニアへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/67583232

この記事へのトラックバック一覧です: 2016MTBO世界選手権 来年にむけて:

« 2016MTBO世界選手権 競技結果 個々のレースについて | トップページ | 2016 MTBO W-cup リトアニアへ »