« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン リレー | トップページ | 2014 アジア選手権大会 スプリントリレー »

2014年9月20日 (土)

2014 アジア選手権 カザフスタン 寒すぎる表彰式が改善

個人戦の表彰式は、サナトリウムの野外広場で夕方からの予定でおこなわれていたが、夕方も16時になるともう寒すぎて、しかも毎度開始が遅れ、それを先読みして表彰対象者も外に出るのを様子見して時間どおりには集まらず、どんどん日が暮れて寒くなる、つまり悪循環に陥っていた。

そんなこともあって、団体戦の表彰式から、室内の大会議室に変更。暖かいし絨毯敷きだし、最初からここにしてほしかった(苦笑)。

リレーの結果は、男子 1位日本 2位カザフ 3位イラン。

イランは今回がアジア選手権初参加。イスラム圏の国がオリエンテーリングの国際大会に出ること自体めずらしく、トルコに次いで2国目ではないだろうか。

(カザフもイスラム圏ではあるけど)

開会式でもイランの選手団は大歓迎されていたが、この実力は本物。歓迎に賞賛が加わった表彰式になった。実際リレーの走りっぷりを間近に見ていて、走力は相当にあったし、ナビゲーションもそつがない様子。誰かが質問していたが、国内ではスキーOなども盛んにおこなわれているらしく、子供のころからずっとオリエンしているよ、というイラン人選手もいた。

カザフスタンの実力を事前に把握していなかったことと同様で、WOCだけ見ていても、世界のオリエンテーリング事情を俯瞰していることにはならないのだな、と感じた。

 

女子は1位カザフ、2位中国 3位日本。

カザフの選手は3名のうち2名が赤ちゃんを抱いて登場。かわいいー、と声が上がる。

記念撮影中に抱き上げらた赤ちゃん、ちょうど横の位置に立っていた私の持つ表彰状に興味津々で、気づいたらよだれでべとべと。・・・ああ焦った。

1411215419280

そして、のびのびになっていた一般クラスのロング種目の表彰式。スタート時間の変更でばたばた運営のまま、やっと今になってタイムが修正されたとのこと。

日本からの参加者は、全員確実に入賞。実力を考えても妥当だろう。

このことから考えると、日本からもっとたくさんの選手を各クラスに送り込むべきなのだ。

取れるはずのアジア選手権をDNSで逃しているとは、結果も残らないし、なによりもったいない。

|

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン リレー | トップページ | 2014 アジア選手権大会 スプリントリレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/58921018

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 アジア選手権 カザフスタン 寒すぎる表彰式が改善:

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン リレー | トップページ | 2014 アジア選手権大会 スプリントリレー »