« 2014 アジア選手権 カザフスタン 寒すぎる表彰式が改善 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 病院へ »

2014年9月21日 (日)

2014 アジア選手権大会 スプリントリレー

今回のスプリントリレーはアンオフィシャルイベントだがアジア選手権の最終レース。

男女2名づつの4人が1チームで競い、今回の走順は、女―男―男―女。男女の実力差がミックスされると、今までの実績から、どこもほぼ互角か?

今までいろいろと国際レースには出てきたが、こんなにスリリングなリレーは、今回が初めてかも。やはり絶対に負けられない戦いだ。

会場とテレインは、スプリント競技エリアのすぐ西側で、フラットなスーパーAの林。一部キャンプ場や建物もあるが、極端に特徴物が少ない。走りやすいが、こういうのに慣れない日本人には難しい条件。

最終日は暖かくなり、野外会場でもっとも快適な一日になった。地面は、北欧でよくみかけるハナゴケ(トナカイゴケ)と落ち葉でふわふわ。サクサクと走りやすい。

展開は、予想通り上位3か国が秒差の接戦になった。第1、第2チームとも入り乱れて、スプリントなので展開もスピーディ。以下は記憶があいまいだが、展開の様子。

1走ゴール時点で、カザフ、日本、中国、秒差の接戦。

2走ゴール時点でカザフと日本がほぼ同時タッチ、続いて中国。

3走ゴール時点でカザフが首位、続いて日本中国同時タッチ。

 自分は4走。中国の第1チームの4走のすぐ後ろを負う形でスタートした。

序盤の森林地帯、中盤の集合住宅地と、ほんの1m差を追う。後半の森に入ったところで中国の選手が隣ポにはまってロスをし、スペクテーターでは自分が前に出た。キャンプ場をぬけて次はラス前、緩い丘の斜面へ登りアタックだ。その瞬間、中国の第2チームの4走に抜かされた。

うわマジか!中国の第2チームは3走までで少し遅れていたのが、4走で挽回してきたのか。オーダー表は見ていて油断はしていなかったものの、ここで来るか!

彼女は昨日のリレーでも併走して戦った相手で、その後は2人でラス前―ラスポーゴールまでほぼ全力疾走。しかしもともとのスピード差は埋まらず、ラスポで前に出ることができなかった。昨日とほとんどおんなじ展開で負けてしまった。くそー、どんな速さや。

1411284728527

というわけで、スプリントリレーの結果は、1位カザフ、2位中国、3位日本。

うーん、こんな負け方したらくやしさ倍増(昨日に引き続いて4倍だよ)だが、結果は結果。どの国ともガチで勝負した、という実感、力を出し切った達成感。これがオリエンテーリングの勝負、これがアジア選手権大会、というものだろう。

くやしいけど、くやしいけどすごくたのしかった。

スプリントリレーの後は、一般併設のスタートが始まり、役目を終えた選手たちは、他国の選手たちと記念撮影。あちこちで同じ光景が展開していた。

|

« 2014 アジア選手権 カザフスタン 寒すぎる表彰式が改善 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 病院へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/58968969

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 アジア選手権大会 スプリントリレー:

« 2014 アジア選手権 カザフスタン 寒すぎる表彰式が改善 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 病院へ »