« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン モデルイベント | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン ロング »

2014年9月16日 (火)

2014 アジア選手権大会 カザフスタン スプリント

さわやかな朝。かなり寒い。スプリントの競技エリアはサナトリウムも含まれるというので、レースの前には部屋をでて、敷地の一角に設けられた待機所へ隔離されるという。

とにかく寒いので、ぎりぎりまで待って移動。サナトリウムの敷地の奥に立派な門とレセプションの建物があり、そこが待機エリア、門の外がスタート待機枠だった。

(この施設、ちゃんと玄関あるやん・・・)

スタート待機枠には、簡易トイレが2つ。そういえば自分たちの部屋の窓から見えていた簡易トイレが、今朝ショベルカーですくわれて(!)移動していったけど、ここに来たのか。

1410836445107

 レースは、スタート直後は湖畔沿いの白樺の藪、次にサナトリウムの隣の施設内を走り抜け、ベンチや遊具のコントロールを取って、さらに隣の敷地内へ、窓ガラスが割れまくった廃墟の中を走り回り、森を経由して、最後はサナトリウム敷地内へ。かなりテクニカルでスピードも求められるコースだった。

女子の結果は、優勝は地元カザフスタン。次に中国の選手が続き、日本はやまもとさんが6位。自分が7位。

WOCでもあまり見かけないカザフスタンだが、実は相当速い選手がいるのだった。カザフについては事前リサーチもできなかったのだが、これはかなり厳しい戦いになりそう。

 

男子も優勝は地元カザフスタン、3位に日本がはいり、こちらは今後僅差の戦いになりそうな予感。

 

レース後、スプリントエリアはトレーニングに入ってもいい、とのことだったので復習に出かける。

途中でやまもとさんとケンちゃんと合流、ケンちゃんは撤収され忘れたフラッグをひろって、ぶらぶら振り回しながら散歩。午後はあたたかくて快適になり、湖畔はキラキラ光って美しい。

レースの最中はあまり気にならなかったが、あらためて入ってみると、廃墟のエリアはかなりこわかった。明るい昼間の光の中でも相当なのに、これが暗くなったらもう絶対やばいやばい!よくこんなところで競技しようって決めたよなー。安全が確保されていれば面白いのは間違いなかったけれど。

Img_0457

夕方から開会式。

野外ステージでの開催だが、夕方になってかなり寒くなってきた。スタンドベンチは鉄パイプ製で冷たすぎて座っていられない。ジャパンジャージではもう耐えられないのでダウンジャケットを着こむ。

そのうち、始まるから各国選手は座って!とのことで、民族衣装の女の子たちがいっぱい出てきて、プラカードをもって整列、入場をはじめた。BGMも流れ出して選手たちも拍手、みんなすっかり開会式が始まったと思っていたのだが、なんとこれはリハーサルだった。

行政のお偉いさんらしい人がやってきて、初めて本番スタート。そうね、うちらはホストでお偉いさんがゲストなんだね。(苦笑)

 

えてして開会式の長さで、その国の民度が知れるというか、カザフスタンなら多分長いだろうなと思っていたら、やっぱり長かった(^^;

カザフスタンの民族舞踊や地元の子供たちのジャニーズばりの迫力のダンスなど、見ごたえはすばらしかったが、やはり長い。そして寒い。明日のレースにひびかないように何とか耐え忍ぶ。

Img_0462

続きでスプリントの表彰式。WE優勝のカザフスタンのオルガさん、なんと1歳ぐらいの赤ちゃんを抱いて登場。スキーOではトップクラスなんだそうだ。なるほどねー。

|

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン モデルイベント | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン ロング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/58805789

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 アジア選手権大会 カザフスタン スプリント:

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン モデルイベント | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン ロング »