« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 到着その日 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン スプリント »

2014年9月16日 (火)

2014 アジア選手権大会 カザフスタン モデルイベント

朝食。これはちょっと衝撃だった。

紅茶、ミルク、パン、そして、激甘い熱いおかゆ。以上。

(クルトンと砂糖はデフォルトでついてます)

ほぼ炭水化物のみ。ミルクは紅茶用で、テーブルに小ぶりのピッチャー1つ。

熱くて甘い粥、は適応力を試されるかなりの代物。落伍者続出となった模様。

1411199406850

(写真は大会期間の後半になって、持参のオレンジジュースと、魚肉ソーセージが追加されたものです)

バスに乗り込みモデルイベントへ。地図はなんと1:7500だ。

バスは宿を出て、昨日来た道を戻るように集落を抜けて、幹線道路にでて、ひたすら20分ほど走ると、どでかいロータリーをぐるっとまわり、もう一つ別の集落を通り抜けて、また森の中へ。ゲートを抜けて(ここの関門を通るのに、守衛が頑固なのか連絡がいってないのか時間がかかった)1時間ほどで、もう一つ別の湖畔の集落に到着。

ふるさびれたホテルのビルが1つ立っているだけで、あとは海の家みたいなバラックみたいなレベルの平屋の建物が並んでいる。一応湖畔リゾート、なんだろうか・・・

バスを降りると、観光用に作りました的なゲルが1つと、近くに鎖につながれたチャウチャウ犬が1匹寝ていた。

Img_0420

クロカンスキー場だというモデルイベントテレインは、そのままミドルとリレーの会場らしい。

さて、真っ白なスーパーAの林はスキートラックの道が張り巡らされているように表記されているが、見通しがよすぎて道がわからない。C,D藪はかなりの藪。

岩石の塊が尾根になっているものが点在していて、これがかなり特徴的だった。

ひととおり山をまわって表記と特徴物の確認、バスの発車時間より少し早めに降りてきた。集落のほうへ行ってみると、土産物を並べている店先があり、奥はどうやら売店らしい。これは、大発見だ。みんなに知らせないと!

 

そう、買い物できる自由がない、このことはたった1日でも我々に相当のダメージをあたえていたのだった。特にほとんど食べるものがなかった朝食の後では、なおさらである。

 

 そのうちほかのメンバーも山から降りてきたので、売店があるよー!と呼びかけると全員店に入り込み、あれもあるこれもある、買う買う買う、と大盛況になった。

見たことのない(ロシア系?)スナック菓子やチョコレート、インスタントラーメン、インスタントマッシュポテト?、自家製はちみつや自家製ピクルスをタッパーにつめて売っているのとか、ナマズの燻製真空パックとか、明らかにここでは高級品であろうジョンソンアンドジョンソンのリンスインシャンプーとか、日本人に大量買いされていくのだった。

一通りの熱狂のあと、バスに乗り込み、買い物って、こんなに楽しかったのか、と思っていたら、寺嶋さんが全く同じことをつぶやいたのが、かなりおかしかった。

普段はなにげないことなのに、環境が変わるといろんなことに気がつく。


|

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 到着その日 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン スプリント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/58805750

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 アジア選手権大会 カザフスタン モデルイベント:

« 2014 アジア選手権大会 カザフスタン 到着その日 | トップページ | 2014 アジア選手権大会 カザフスタン スプリント »