« Fullspeed、Nomistake! | トップページ | オリエンテーリングコーチングクリニック香港まとめ2 »

2014年1月14日 (火)

オリエンテーリングコーチングクリニック香港まとめ1 コーチングとは

1:コーチのお仕事とは、選手のパフォーマンスのためのよい環境をつくること。

最も大事なことの一つとして、選手とコーチはよくコミュニケーションを取ること。

選手とコーチとは、同じゴールの共有、お互いの協力、緊密なコミュニケーションがうまく成り立ってこそ進んでいくものである。

(SWEの例だと、昔なら134時間も電話したとか。今はメールとかいろいろな手段があるけど、コミュニケーションの濃度は同じだとのこと)

 

選手を取り巻く環境や生活していくうえでの様々な要素、仕事や学業や家族や友人や遊びなど、さまざまあるが、しかしこれは周辺の要素(グリーンエリア)に入る。

いろんな要素の中でも、もっとも重要視しないといけないものが4つあって、

physiological

techinical,

Psychological

tactical,

です。

4つの要素って、訳すと体力、技術、心理、戦略、となるかな。

これは選手生活の中心要素(ゴールドエリア)といわれる。

 

 コーチは選手とコミュニケーションをとる過程でいろいろとたくさん話をするが、

かならず最重要である4つの要素はおさえておかないといけない。

 

 コーチと選手はよく話し合い、特に4つの中心要素について、それぞれの最上のパフォーマンスを探求していくことが重要である。

 

 

2:適切なゴールセッティングが必要

 

適切なゴールセッティングとは

Smart taget,

Measurable

Accepted,

Realistic,

Time decided

 

良い目標、それは計測できて、受け入れられるもので、現実的で、期限を決めて行うものってことかな。

この辺はコーチング関連の本とかにも出てそう。

 

3:選手がレースで成功する要因

いくつかの要因があって、

すべてがうまくいってこそグレートコンディションになる。

 

その要因とは、

自信

情熱

楽しさ

態度

集中

以上は計測して比較できないものだが、これ以外に、

 

森での体力

オリエン技術

これは計測して測れるもの、

 

合計で7つの要因がある。

どうすれば7つの要因すべてがうまくいくのか

コーチは、本人の持ってる成功要因を、自分から引き出せるように仕向ける、お仕事だ。

 

そのための情熱を引き出そう Visionを持とう

選手もコーチ自身も。

 

最後までよく出てた単語

パッション

 めっちゃ多用

 

コーチの持つべきVisionは、

たとえば、The Best team in the world

WOCでGOLD5、とか。

 

そのあと各自ディスカッションになり、

まず日本では、情熱のもてるゴールが設定しにくいね、って話になった。

それを話すと講師ヨランは、まあそれは現状のアジア諸国もおなじだな、って

でも、いまあきらめるのはすごくかんたんなことですよ、って言われた。

そして不可能を可能にするのもかんたんなこと、点1つでいいのだから、と。

書いた言葉が、

 

Impossible → Im possible

 

これが今回のコーチング講習のメインテーマでした。(最後にまた出てくる)

|

« Fullspeed、Nomistake! | トップページ | オリエンテーリングコーチングクリニック香港まとめ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/54610296

この記事へのトラックバック一覧です: オリエンテーリングコーチングクリニック香港まとめ1 コーチングとは:

« Fullspeed、Nomistake! | トップページ | オリエンテーリングコーチングクリニック香港まとめ2 »