« アジア選手権無錫その2 スプリント | トップページ | アジア選手権無錫その4 ミドル »

2012年10月16日 (火)

アジア選手権無錫その3 お金持ち事件発生!

スプリントは午前中で終わったので、かえってシャワーして洗濯して、ちょっとネットして。いい天気だし、近くへ買い出しに行こうって、外出する。

まずは両替しようとすぐそこの中国銀行へ。私は現金2万円があったので窓口へ。ところが現金両替にはパスポートがいるらしい。急いではいなかったので、じゃあまた来るわ、と退席。ATMを見に行くと、操作をあやまったらしく、100元札の束をどかっと出してしまってかたまってるみながわさんがいた。

わーやってもうたか!

これたぶん100枚あるな。戻さないと。ってカードで出したら戻せないやん。

って大金?どーすんねん?窓口係のお姉さんをよんでも、ああダメダメ、って感じでにべももない。  助けをよんでくるわ、ってホテルへ戻る。

考えたのは、とにかくどこかで日本円に両替する、

または参加者の日本人から日本円両替する。の2案。

昼寝中だったてらしまさんをたたき起こしてしまった。

ねぼけながらも私の案に、まあそれしかないね、といいつつ銀行に向かう。

みながわさん、ATMの前でひとりぽつねんと、札束抱えて待っていた。

てらしまさんに窓口のお姉さんと交渉してもらうが、中国では大金の両替には支出元の証明書が必要だそうで、カードで出したのは証明にならないみたい。あと、これだけの現金は一度には無理で、町の両替屋で非合法にかえてもらうかしか現時点では方法がない、とのこと。

ということから、参加者の皆からボランティアで両替してもらうことで落着。帰りの1泊とハイヤーという高額支払いはまだ残っているし、なんとかなりそうだ。

ということでちょっと気が楽になった。そういや過去にもそんなことがあったなあ、と思い出しつつ、笑いながら、コンビニいって帰る。

100元の100枚は見た目強烈。たしかにあせる。でも冷静に考えれば、14万円ぐらいなんだよな。わりと物価のたかい中国ならまあ無理したら使えなくはない。

昨晩に皆のエントリーフィーをはらった両替証もゲットして、余った際の換金にも備えることに。(この金が昨日あれば・・・ってながなわくんがぼそっと言っていた・・・)

もう、いろいろ事件おこるなあ。そしててらしまさんの対応力の幅広さに改めて感心する。

常に前向き。相手には笑顔。とにかく何とかなるという気持ちでいるというのがこつらしい。

昔のJWOCのほうがとんでもなかったという印象らしく、今回は想定より全然まし、とのこと。ほな昔はいったいどんなんやってん。

|

« アジア選手権無錫その2 スプリント | トップページ | アジア選手権無錫その4 ミドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/49364549

この記事へのトラックバック一覧です: アジア選手権無錫その3 お金持ち事件発生!:

« アジア選手権無錫その2 スプリント | トップページ | アジア選手権無錫その4 ミドル »