« トレイルランナーのための地図読み講習会のお手伝い | トップページ | 本セレ1日目 »

2011年5月13日 (金)

2011WOCセレ対策

場所は勢子辻。しかも桐のリメイクだとか。事前の対策としては過去地図の見直し。ぐらいしかない。

まず計曲線にラインをいれてみたら、本当にゆるい。主曲線のほとんどが微地形?

惑わされないように、まずは大きく地形をとらえるようにみよう。

その後、適当に丸をかいてレッグを組んでみるが、実際に丸をうってみると、あまり置きやすい場所がない。気づいたらはっきりした尾根や沢にしか置いてなかった。これはないな、と穴やこぶにも○を打つ。

そうして遊んでいるうちに、どんな場所でも周囲の特徴をつないでいけば、意外にスムーズにたどり着けそう、という実感もわいてきた。

とにかく、まあいいや、と、ついてから考えよう、はなし!

というのは前回にも書いたので、それについて勢子辻における具体的な対策を考える。

尾根なのか沢なのか、コントロール位置周辺の大きなイメージを確認する。

周囲を広く読んで、わかりやすいものをたどるか、

わかりやすいものに当ててぎりぎりまで近づく。

コンパス直進はきっちり丁寧に123動作、歩測をとって、指差し確認、で動く。

歩測が切れてもみつからないときも、必ず近くにある。

一度とまってしまったら確認するまで下手に動かないこと。

左右どっちの角度にずれている可能性があるのか、

現地の周囲をよく見回してリロケートする。

さて、これだけのことを全てのレッグできちんと繰り返せればなんとかなるか?

それに、リメイクされたら表現が全く違ってるかもしれないなあ・・・。

|

« トレイルランナーのための地図読み講習会のお手伝い | トップページ | 本セレ1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/40226099

この記事へのトラックバック一覧です: 2011WOCセレ対策:

« トレイルランナーのための地図読み講習会のお手伝い | トップページ | 本セレ1日目 »