« 併設参加でリフレッシュ | トップページ | 京大夏合宿2010 »

2010年8月15日 (日)

2010WOC最終日。リレー

15日はとうとう最終日のリレー。予選が終わってから時間がたつのははやかった・・リレーは11時半から。おわったらバンケット。長い1日になりそう。

エレベーター前のガラスから、トロンハイムの町が一望できる。

この1週間毎日見ていたのだが、曇るとほとんど何も見えず、晴れるとモデルの山の山頂にある2つの丸いドームまで一望できる。この風景も最終。

今日の自分は、ちゃんと選手のサポートをする。のが目標である。

早めに会場へいくが、すでにほかの国も来ている。ひとおりレイアウトを見て回る。待機所は四角いプレハブの1つで、フランスとシェアになっていた。

運営とVIPのすぐ裏で、実はすきまからスクリーンがめちゃ見えやすくて特等席な配置。

これも考慮してのレイアウトかなあ?だとしたらすごいなあ。と思うが。

アドリブ運営かつ配慮細かい?

コース回しはほぼ予想通りに北側へ走る。スタートが主要道のバス道を越えた向こう側。最初から走れ走れコース。

レーンから推測するに、北側の山を東から西へと走って、最後は会場西側のジャンプ台の脇から会場へ帰ってくる。ラスポは3戦とも同じ、高台の道の曲がりだ。

1走はすぐゴールだが、2,3走は会場脇を走ってミドルの山に入って最後のループを回ってからゴール。会場脇が長い直線、さいごはがれがれの急坂を登っていくので、けっこう見られるな~。

1走スタートをゴールゾーンで見守る。順調に後ろ側からスタート。すぐ長い列になって会場から見えなくなった。

テレビカメラが動き出し、スタートフラグ直後のオープンの登りを映し出す。姿を確認してやっぱりちょっと安心する。そのうちすぐ次に前半コントロールが映し出され、トップから次々と通過していくのが見える。第1集団、第2集団、その後はぱらぱら、の中に日本通過。なんとその後にチェコ?パターンによって難易度差があり?だろうか。

トラッキングもはじまったが、男子と同エリアを使うため地形がわかる部分はものすごいぼかしが入っていたりコントロールの○だけが大写しになったり。それでもどこがトップでどことパックか、という情報は確実にわかる。

第1集団はハンガリーがスイスとパックで、しかもハンガリーはそのまま1走トップゴール。この展開は1走ならではな感じ。でおくれチェコも2走では順調に挽回していく。チャイナはリレーでは本領発揮か、やはり今までになくいい順位で通る。日本は21位で予想内でタッチ。ルーマニアが遅れている。

2走はトップ以外はかなり長くのびて、上位集団以外は中継されなくなっていく。2走はちょっと遅れたか、なかなか帰ってこない。画面と現地がよく見える特等席に陣取って待つ。

タッチして60分越えたころ、日本が中間通過。後半は順調に帰ってきたが、予想より+10分かな。昨年よりはだいぶまし、と思えたが、すぐ前の選手がちょうど10分ぐらい前に通過しているので、厳しいところだ。

待ち時間が長かったので、三走は準備も十分で、心構えもイメージングもできていたよう。タイミングもよく男子1走の嵐に巻き込まれずに済み、ほぼ順調に回ってきて、女子の優勝決定にもまきこまれず。

男子の1走も、まずまず順調な感じにみえたが2走ではじわじわ遅れ、3走タッチ時はほぼひとり旅になる。

男子も優勝がきまり、会場は表彰式の準備が始まって、トラッキングも見れなくなった。ジャンプ台のあたりにはまだ走っている国の選手たちが集まってそれぞれの帰還を待っている。表彰式のさなかに男子3走ゴール。

この後のスケジュールがタイトなのでさっさと帰る。

バンケット行きのバスが7時前に宿を出るので、あまり時間はない。

とはいえまち時間が少しあって、各自一言いう機会があったがうまくいうことができなかった。

(つうか口でしゃべるの苦手やねん。)

自分としては、テクニカルな面でいろいろと上達した、と実感できた部分も多くてその部分だけならかなりよかったといえたのだが、同時にミスもものすごく大きくて結局打ち消されてしまった。

結局タイムで速くないと意味がない。総合力としていい結果をださなければならない場で、自分はいまだアンバランス。だったんだろう。

昨年も今年も、周囲に人がいて併走していて、その流れが途切れた後のナビゲーションで雑になったりあいまいにやったりしたため、でかいミスになっている。

普通に理論立てて考えれば普通にリロケートできるし、そんなにロスタイムでかくならなかったはず、って。なんでそうなるのかってところが問題なんですが。

ポジティブにかんがえれば、ほんの数分でも世界トップのスピードでナビゲーションができたというのは相当貴重な体験。残念なことにそのレッグで頭のほうはいっぱいいぱいだったわけですな。もっちょっとよゆうできていたら(たぶんできたはず)、対応できたかもしれない?(あと1秒ぐらいあったら!とは思う)

んんん、なんでこんな一歩一歩なんだろう、(って誰かが言った気もする。)

しかしそれが実感。

1年1レース、一歩一歩、なんて牛より遅いわ~

(ちなみにトロンハイムの羊は速い。)

|

« 併設参加でリフレッシュ | トップページ | 京大夏合宿2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/36525643

この記事へのトラックバック一覧です: 2010WOC最終日。リレー:

« 併設参加でリフレッシュ | トップページ | 京大夏合宿2010 »