« モデルイベント(ミドル) | トップページ | ロング予選 »

2009年8月18日 (火)

ミドル予選

16日、ミドル予選。朝からやはり緊張している。飯は少なめにしてなんとか入った。緊張感は走るエネルギーを生産していることなので、このへんは客観視できている。アップしながら、できることをすべてするだけ、と思うとすこし楽しめる感じがしてきた。

アップは少なめだったが、すぐ汗が出る。心拍も130にあがったのでよしとする。ところが、プレスタートからスタートまでが延々のぼりでかなり息が上がり、全員がはあはあ。半分ぐらいから同時スタートのLATがするする前に出てきていやなかんじ。でもこの子は飛び出すだろうからすぐ消えるだろう、もう一人の同時スタートはトルコちゃんなのでもうぜんぜん無視。

すぐ後ろがCZEのトップエリートなのだが、パックれる可能性はひくいな。GBRぐらいが妥当か。とはいえ、フルパックは出来そうにないので、1,2レッグでもいい、そのペースで行って、ちぎられても出来る限り長く後姿を追うこと。

レース自体は、最初の勝負レッグ3-4は自分としてはかなり無難にこなせた。その後のだらだら登りで集団パックに乗れて、萎えずに走りきれる。

しかしその集団がバラけた後で、ここの山の特徴である凹地とピークを読み間違えてでかいミス。リカバリーする途中で右脚捻挫する。でもやめるわけにはいかない。

その後はショートレッグが続くが難しくなく、次に来たFIN特急にもちょっと乗れてスムーズ。

またしかし、後半にかけて斜め下りアタックではずす。しかも円の際まで来て一度スピード落とした後でずれた!

結局10分ばかりの大ミスタイム。国内ではやらないようなポカミスも含め。

そう、なんで普段はやりそうもないミスをしてしまうのか、という疑問つうか

課題つうかは過去に何度もおこしているのだが・・・

今回の山は、実は技術的には難しくなかったので、タイムに釈然としないものが残る・・・

全般に、尾根沢の特徴のない、AMIGASAみたいな急斜面を斜め下りするようなところでミスしている。スーパーAなので高さ感覚がつかみにくい。

とにかく、リレーに向けての情報収集、対策に生かそう。

(足の写真は今回速報用の計時システムのチップ。見た目より軽い)

Dscf2094 Dscf2091

|

« モデルイベント(ミドル) | トップページ | ロング予選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/31001779

この記事へのトラックバック一覧です: ミドル予選:

« モデルイベント(ミドル) | トップページ | ロング予選 »