« スプリント決勝 | トップページ | ミドルの日 »

2008年7月17日 (木)

ロング予選

15日、8時半。宿から北東へ1時間ほどのドライブで、スタート地区は標高600mぐらいの山の上だった。森林と牧草の入り混じる丘の真ん中で、西を見ると緩やかに丸いカーブの虹が途切れることなくかかっていた。東を見ると、谷をはさんで向こうの斜面の草原に、ゴール会場の赤いテントが朝日にまぶしく光ってみえる。

あそこまでいくんかー・・・なるべく早くたどりつきたいな・・・と思いつつプレスタートへ行き、だだっぴろいウォーミングアップエリアをジョグ。

予選は3ヒートで、3人同時スタート。緊張しているが、力が入らないほどではない。自覚しているという点ではいい感触だ。

地図もすぐ頭に入ってきた。同時スタートの2人はぱーっと先に行ってしまったが、自分の1番へ。さくっととれて調子がでてきた。と思っていたが、一気のぼりの後立てハッチのゆるい沢をつめたころから足が上がらなくなってきた。自分でもなんで?と思うぐらい前に進めない。その後牧草地の電気柵をくぐったらそれが生きてて感電。けっこうこれが太ももにきてさらに失速・・・それ以外は、間違えそうなレッグも危険回避できたし、少々アタックミスもしたが想定の範囲内で(それでも普段よりも相当ましなほうだったが)、結果70分でゴール。

さすがに通らんな・・・と思ったのだが、とっくにぬかしていったはずのよーこさんもまだゴールエリアにいた。彼女も今日はいまいちだった様子。リザルト無視して先に食事する。

ウイニング45分設定で、実際のところボーダーは60分を切らないと(56分から57分)まず難しい、という状況だった。白くてゆるいチェコの山は、その分特にスピードが大きくひびくのだなあ、と実感。

最終日のリレーにむけて、準備する時間ができたってことで、実地練習もできるしまたがんばろ。

Img_3985

|

« スプリント決勝 | トップページ | ミドルの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103302/22348732

この記事へのトラックバック一覧です: ロング予選:

« スプリント決勝 | トップページ | ミドルの日 »